カテゴリー: PC・Smartphone

EarTrumpet

EarTrumpet(スクリーンショット)

Windows10のタスクバー(タスクトレイ)のスピーカーアイコン(音量調節)が反応しなくなることが度々あるので、「EarTrumpet」で代用することにしました。

音量調節をEarTrumpetに差し替える方法は、↑のリンクからダウンロード→インストール、デフォルトのスピーカーアイコンを削除(タスクバーを右クリック→タスクバーの設定→通知領域→システムアイコンのオン / オフの切り替え→音量をOFF)、EarTrumpet のアイコンをタスクバーに配置(タスクバーの設定→通知領域→タスクバーに表示するアイコンを選択→EarTrumpetをON)

スピーカーアイコンが反応しなくなった時の解決方法は、1、アイコンをタスクバーから一度非表示にし、再起動後再びタスクバーに表示する(設定→個人用設定→タスクバー→通知領域→タスクバーに表示するアイコンを選択→音量OFF→再起動→音量ON)や、2、タスクバーに「SndVol.exe」をピン留めする方法(エクスプローラ→Windows→System32→SndVol.exeを右クリック→タスクバーにピン留めする)など他にもありますが、1は1度復活してもまた再発する、2はタスクバー上のスピーカーアイコンが2つになるのでやめました。

EarTrumpetはアプリ毎に音量を調整することができる音声ミキサーですが、これまで通り、普通に音量調節に使えるので、Windows10が不具合を修正するまではこのまま使い続けようと思います。結構使い易いので、ずっとこのままでも良いかも。

Stylishがポリシー違反

Firefoxの拡張機能「Stylish」が閲覧履歴を収集していたとのことでブロックリストに登録されました。StylishはFirefoxのユーザースタイルシートを管理するアドオンで、閲覧ページに独自のスタイルシートを適用出来るので重宝していましたが、気持ち悪いので削除しました。(Firefoxに続いて、「Google Chrome」版もブロックリストに登録されました)

・詳しくはこちら

未だに「MS Pゴシック」を一番前に指定しているサイト(価格.comなど)があるので、Stylishを使って↓のようにMS ゴシック系フォントをメイリオに書き換えていました。游ゴシックにしても良いんですが、サイズが小さいと読み難いのでメイリオにしています。※「MeiryoKe_Gothic」はメイリオを等幅にした改造フォントです。

※オンカーソルでメニュー表示、右から2番目のアイコンをクリックでコピー出来ます。

webページで指定するフォントは優先させたいけど、ギザギザで汚いMS ゴシックだけはどうしても嫌なので、Stylishに代わるアドオンを探し、「Stylus」を導入することにしました。このアドオンはStylishから派生しましたが、情報収集などはやっていないようなので、とりあえずはこれを使い続けようと思います。

延命

iPhone6

モバイルバッテリーを繋ぎっぱなしで騙し騙し使っていたiPhone6ですが、今日ついに電源すら入らなくなってしまいました。朝までは使えていましたが、充電してもウンともスンとも言わなくなりました。

バッテリーの劣化は大分前から気付いていましたが、バッテリーの交換か、新しいのを買うか迷っているうちに考えるのが面倒になっちゃって、外出時はモバイルバッテリーを繋いどけばいいかなと思って放置してたのがいけませんでした。データをバックアップしたのは結構前だったのでヤバいなぁと焦りながらどうするか考えることに。

互換品のバッテリーを取り寄せて自分で交換することを真っ先に考えましたが、バッテリーが届くまでスマホが使えないのは不便だし、動画でやり方を見て難しそうだなと思ったので、ちょっと怖い気もしましたけど、即日対応してくれるiPhone修理専門店に持ち込むことにしました。料金は3,780円(税抜)で、Appleの修理料金3,200円(2018年12月31日まで)より高いですが、外観の傷などで別の修理料金が発生したら嫌だし、何より対応の早さを重視しました。

持ち込んだ時は他のスマホのバッテリー交換の作業中でしたが、スマホを預けて40分後に戻ってきたら、自分のスマホもほとんど作業は終わっていました。まだ少ししか使っていませんが、とりあえず普通に使えているので一安心です。

これから先、このバッテリーがどこまで持つのか判りませんが、とりあえずはこれで最低1年くらいはこのまま使い続けられるかな?と思います。

それにしても、こんなにスマホを手放せないようになるなんて、3年前には想像も出来なかったなぁ。スマホデビュー当初は1GBのデータ量でも持て余してたのに、今は全然足りなくて3GBにプラン変更しちゃってるし。3GBでも月1,082円なんで料金的には安いんですけど、スマホを弄ってる時間が日に日に長くなっているのはなんとかしないといけませんね。

追記(8/8):ひと月以上が経ちましたが、互換品のせいかバッテリーの持ちは悪いですね。一日持たないので、焦って交換に出したのは失敗だったかな・・・(汗)

ダイスケとプッペ

天王寺動物園のメガネグマ「ダイスケ」

ダイスケ(雄)


天王寺動物園のメガネグマ「プッペ」

プッペ(雌)

天王寺動物園のメガネグマ、「ダイスケ」と「プッペ」。ご高齢の2頭ですが、元気に長生きして欲しいです。

話は変わりますが、iPhone6のバッテリーがヘタってきました。2015年10月から使っているので、まだ3年経ってないんですが、スマホってバッテリーの消耗、劣化が早いですね。iOS11になってからは全体的に動作が遅くなってアプリが落ちたりフリーズすることがかなり増えました。バッテリーの持ちも、それまでの半分くらいになったような気がします。残量100%表示から動かず、いきなり30%以下になることもしばしば。バッテリーを交換して延命するか、iPhoneXに買い替えるか悩みますね。

RAID構築

木の上で毛繕い中の2頭のお猿

買うか買わないか悩んでいたRAID対応のHDDケースですが、ブログに書いたことでようやく決心がつき注文、今日届きました。買ったのは、ロジテックの「LHR-4BRHEU3」、前々回紹介したものと少し型番が違いますが、こちらは公式店限定商品とのことで、内容は多分同じだと思います。

最初、アマゾンで買おうと思っていましたが、そういえば楽天のポイントが結構貯まってるなと思い出して、楽天市場店で買うことにしました。ウエスタンデジタルのWD RED(2TB)×4と合わせて5万円を切ったので良い買い物だったと思います。

※今回は物撮りやPCの設定画面等をキャプチャーしていなくて、ここから先は文字だらけのかなり解り難い文章になっています(汗)

HDDの取り付けは、固定用ハンドルを2箇所ネジでとめる手間がありますが結構簡単に出来ました。パソコンに繋いでからRAIDの設定をしますが、モードは高速化と耐障害性を両立したRAID5(3台以上のHDDにデータを分散、データを保護するパリティデータを全てのHDDに作成)を選択しました。HDD容量は75%(合計容量から1台分の容量を引いた容量)になりますが、1台故障しても残りのデータとパリティを元に欠損データを補い動作するので、少しは安心かなぁと。2台同時に故障しちゃったらダメですけどね。

RAIDの設定で少し躓いたのが、HDDケース背面のRAID設定ボタンを電源が切れるまで長押しするってところで、探しても背面にそんなボタン無いやんけ、とかなり焦りましたが、よーく見ると蓋が被せてあって、それを外すとちゃんとボタンがありました。これ、引っかかる人絶対多いでしょ(笑)

HDDのフォーマットの手順(Windows10)ですが、画面左下のスタートボタンを右クリック→ディスクの管理→ディスクの初期化ウィンドウが表示されたらOKをクリック(GTPのままでいい)→ディスクの管理画面に戻り、「未割り当て」のところを右クリック→新しいシンプルボリュームをクリック→新しいシンプルボリュームウィザードが表示されるので、次へ→ドライブ文字またはパスの割り当てが表示されるので、ドライブ文字変更の必要がなければ(変更すると重複して認識しない場合があるので初期値のままがいい)次へ→ボリュームサイズの指定が表示されるので変更せずそのまま次へ→パーティションのフォーマットが表示されるので、Macに接続する可能性がなければ、ファイルシステムはNTFSのまま次へ→新しいシンプルボリュームウィザードの完了が表示されるので、完了をクリック。

※ファイルシステムですが、次にPCを買い替える時はMacにするかもしれないので、自分はWindowsでもMacでも読み込み、書き込みが出来る「exFAT」を選びました。

長くなりましたが、大体はこんな感じでしょうか。今はPCと古い外付けHDDの写真データをコピーしている最中ですが、かなり時間が掛かりそうなので、これから少しずつ整理していこうと思います。

これでしばらくはHDDの空き容量を気にしなくていいかな♪

Loading...
X
↓