写欲はあれど・・・

子猿を毛繕いする母猿

お盆は例年通り仕事でしたが、今年は代休が無いのが辛いです。休みは体を休めるだけになっているので、写欲はあっても体力と気力がついてこなくて、写真は相変わらず撮れていません。ブログを振り返って見ても、最近のは全然面白くないなぁと自分でも思いますが、物欲ネタも写真のストックも無いので、完全復活まではもう少し時間が掛かりそうです。

夏バテ 2018

木の上にいるお猿の親子

今年の夏は、まだ嵐山モンキーパークに行けてないですが、お猿はこの暑さ大丈夫なのかなぁ。見に行きたいけど、この暑さの中、山を登るのは想像するだけでしんどいです(汗)

WordPressの次のメジャーリリースでエディターが新しくなるとのことで、Gutenberg(プラグイン)を試してみましたが、めっちゃ使い難いですね。速攻で削除しましたが、これがデフォルトになったら嫌ですね~。プラグインで今のエディターも使い続けられるようですが、AddQuicktagの対応がどうなるのか心配です。

※Gutenberg:WordPressの次のメジャーリリースで採用される新しいエディター。公式リリース前にプラグインで試用出来る。
※AddQuicktag:HTMLエディター、ビジュアルエディターへのクイックタグの追加をワンクリックで出来るプラグイン。

ニコン、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラ開発発表

嵐山のお猿

ニコンから新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズの開発が発表されました。ニコンファンミーティングが9月から全国7都市で開催されるので、新ミラーレスカメラと新レンズの正式発表はそれまでにありそうですね。

オリンパスの話も少しだけ・・・

オリンパスのスーパーハイエンドカメラの噂のレートがFT5(81~99%)に上がりました。具体的なことは何も出ていませんが、3つの予想がされています。

  • E-M5 MarkIII
  • 動画志向の新型マイクロフォーサーズ機
  • 新型センサーフォーマットを採用したカメラ

なんか、3つとも無さそうなんですが、あるとすれば、手持ちハイレゾを搭載したE-M5 MarkIIIでしょうか。でも、E-M5シリーズでスーパーハイエンドってのは無いかなぁ。大穴で、ニコンかキヤノンのフルサイズミラーレスに参入、これが有る意味一番怖いですが、マイクロフォーサーズのオリンパスとパナソニックのようなことがフルサイズミラーレスでもあれば面白いことになりそうだなと思います。ニコン、キヤノンが手を組んだら夢のタッグですね。オリンパスがフルサイズに参入するのは、個人的には大反対ですが・・・

追記:オリンパスのスーパーハイエンドカメラ、新しく出た噂では「トップレンジのm4/3カメラ」と書かれているので、新型フォーマットの可能性は無くなったかな。

Travel of Light

ニコンのティーザー動画、フルサイズの新ミラーレス機でしょうか、めっちゃワクワクします。薄っすら見えるボディに対して、マウント径の大きさに驚きました。

↓画像1枚、動画1本あります。

Read More

Super High End

E-M1+M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO+EE-1+E-6673+Arca-Swiss モノボールZ1 KIRK Model

写真はE-M1+M.ZD ED 40-150mm F2.8 PROにドットサイト照準器「EE-1」とドットサイトブラケット「E-6673」、雲台が「Arca-Swiss モノボールZ1 KIRK Model」です。まだ物欲が旺盛だった頃の機材(組み合わせに特に意味はありません)ですが、今だったらZ1とか絶対買ってないだろうなぁ。物撮り以外では全然使ってないし、クソ高いし(汗)

オリンパスのスーパーハイエンドカメラの噂が出ています。E-M1 MarkIIの上位機種で、E-M1 MarkIIIやE-M5 MarkIIIではなく、新シリーズになるとのことです。FT1→FT3にレートが上がりましたが、FT5でもハズレる時はハズレるので、軒下さんに出てくるまでは現実味は無いかな。

縦グリ一体型ボディは理想形ですが、スーパーハイエンドカメラが30万を超えるような価格で出てきたら、自分はもうオリンパスのフラッグシップ機は買えなくなるかなぁ・・・

Loading...
X
↓