タグ: M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

10年

レッサーパンダ

2009年6月27日にフォトブログ「Hiro Clover’s Photologue」を開設してから、今日で10年が経ちます。ブログの移転などはありましたが、飽き性の自分がここまで長く続けられるとは、ブログ開設当初は思ってもいませんでした。マイペースながらも続けてこれた10年は、振り返ってみると感慨深いものがあります。

写真という趣味に出会えて、ブログを通じて同じ趣味の人と出会えたことは、本当に幸せなことだと思います。

なんか、最終回みたいな、しんみりした書き方になってしまいましたが、写真やブログは、これからも細く長く続けていこうと思いますので、今後ともお付き合いの程、宜しくお願い致します。

カルガモとソニーの超望遠

カルガモ
カルガモ

菖蒲園の水路に、可愛いカルガモが泳いでいたので、60mm F2.8 Macroから40-150mm F2.8 PROに付け替えてパチリ。親もいましたが、一緒にいるところはシャッターチャンスがなくて諦めました(汗)

ソニーが超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」とG Masterシリーズの超望遠単焦点レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」を発表しました。200-600mmの希望小売価格は税別27万8,000円、600mmF4の希望小売価格は税別179万5,000円と、どちらもかなり高いですね。200-600mmがインナーズームというのは驚きました。

200-600mmは100-400mmと違い、この価格でG Masterシリーズじゃないというのが少し気になりますが、APS-C機との組み合わせで35mm判換算900mmというのは、写り次第ですがかなり惹かれます。ニコンD500やキヤノン7DIIのようなAPS-Cのフラッグシップ機がEマウントで出れば、の話ですが・・・

一番楽しい瞬間は・・・

紫陽花にクマバチ
紫陽花にクマバチ

紫陽花の撮影で一番楽しい瞬間は、クマバチが飛んで来た時かもしれません。

菖蒲園 2019

菖蒲園

久しぶりの撮影、花菖蒲が満開でした。広角持っていくのを忘れたので、iPhone XRでパチリ。あ~、DP1 Merrillで撮りたかった・・・(汗)

花菖蒲

↑はE-M1 MarkII+M.ZD ED 40-150mm F2.8 PROで撮影。このレンズ、2014年11月の購入なので、今年でもう5年になります。時が経つのは早いです。

1億画素

嵐山モンキーパークの子猿

富士フイルムが1億画素の中判ミラーレス「GFX100」を正式発表しました。

中判でボディ内手ブレ補正を搭載してきたのは凄いですね。裏面照射型センサーというのもビックリ。縦位置グリップ一体型ボディですが、縦位置グリップがかなり貧相というか、細くて持ち難そうなのが気になります。100万を軽く超える価格なので、自分とは縁遠いカメラですが・・・(汗)

Loading...
X
↓