Loading...
X

嵐山モンキーパーク 2018 #6

手のひらを見る子猿

じっと手を見る・・・

2 observations on “嵐山モンキーパーク 2018 #6
  1. iidacamera

    この写真と前のエントリーの写真がとても好きです。
    顔に枝がかかってるのが逆に、どんな表情をしてるのか注視してしまいます。

    パナソニックはイマイチカメラの売り方が上手じゃないように思いますが、
    フルサイズではどうなるでしょうね。
    フォビオンセンサーのカメラも出るならワクワクしますし、シグマレンズが、
    ザッとラインナップされて、AFもキビキビなんてことになったら、
    システムとしては面白そうです。

    レンズはどの道高いお値段になるんでしょうね。
    今度ブログネタにしようと思ってるタムロンA036ですが、
    3か月ほど使ってつくづく良いレンズだと思ってます。
    アップデートがソニーボディを介してできるのも、
    マウント情報を公開するってこういうことかと衝撃でした。

    この辺の価格帯の魅力的な標準ズームが発売されるかどうかって、
    めちゃくちゃ重要だと思うんですが、キヤノン・ニコンともに、
    頑なに純正レンズにこだわるなら僕はミラーレスボディとしては、
    2強を選ばないかもしれません。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      iidacameraさん、こんにちは。

      写真へのコメントありがとうございます。この日は、子猿中心に撮っていましたが、自然に囲まれた場所で、母猿から少し離れて遊ぶ子猿の仕草が可愛くて本当に癒されました。小屋の周りは猿にとっては戦場で、そこも見てて面白いんですけど、やっぱ落ち着いた雰囲気でリラックスした表情のほうが良いですね。

      パナソニックのミラーレス一眼は、コンデジと同じLUMIXブランドを使ったのがイメージ戦略としては良くなかったのかもしれませんが、Lマウントではどうするのか、注目したいと思います。個人的には、ボディにはPanasonicのロゴでいいんじゃないかと思うんですが、どうなりますかね~。

      中身の方は、フルサイズになってもソニーに負けないものを出してくるだろうなと、全然心配はしていません。心配なのは、ライカと同スペックのレンズであまりにも価格差があり過ぎるとどうなのかなというのと、パナのライカ銘のレンズをライカと同じLマウントで出すのはどうなんだろうという2点でしょうか。これを機に、パナライカはやめて欲しいですけど・・・

      シグマは一番楽しみなんですが、鈍足でもいいので、フォビオンセンサー搭載ボディを出して欲しいですね。シグマのことだから、レンズはあっという間に揃えてくると思うので、ボディは出来るだけ早く見たいですね。

      キヤノン、ニコンのフルサイズミラーレスにサードパーティー製レンズが加わるとしても、ライセンス契約を結んで造らないと、後の新機能に対応しなかったり、完全互換とはいかないんでしょうね。2強がマウント情報を公開しないというのは残念に思います。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓