タグ: E-M1

ネタ切れなので・・・

ON-D E-M1 MarkII Ver.2.0 別バージョン

E-M1 MarkII Ver.2.0公開記念に、2パターン作っていて前回選ばなかった方を。面白味に欠けるけど、こっちのほうがシンプルで良いかな。う~ん、やっぱ横着せずにちゃんと影を消したほうが良かったかな~(汗)

※画像に使ったフォントですが、今回は「Impact」、前回は「LeviBrush」です。

OM-D E-M1 MarkII Ver.2.0

OM-D E-M1 MarkII Ver.2.0

2月28日、「OM-D E-M1 Mark II」「OM-D E-M5 Mark II」「OLYMPUS PEN-F」の機能拡張ファームウェアが公開されました。E-M1 Mark IIの更新内容は↓の通り。

  • アートフィルターに [ブリーチバイパス] を追加。
  • 深度合成撮影が可能なレンズに「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を追加。
  • AFターゲットモードにスモールターゲットを追加。
  • プロキャプチャー撮影時のプリ連写枚数14枚→35枚に増加。
  • プロキャプチャー撮影時に記録中であることを表示するように改善。
  • 電子シャッター使用時、ライブビューを見ながら細やかにシャッター速度調整をする事でフリッカーを低減出来る「フリッカースキャン」を追加。
  • M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO 使用時にフィッシュアイ補正撮影を追加。ライブビューで効果を見ながら撮影可能。
  • 再生時の拡大倍率を設定可能。拡大倍率にピクセル等倍表示を追加。
  • プロキャプチャー撮影が可能なレンズを追加。
  • 電池残量表示を改善。
  • AEL/AFLボタンを親指AFに設定したときのレスポンスを改善。
  • OLYMPUS Capture使用時のカメラ動作の安定性を向上。
  • 動画撮影時の手ぶれ補正動作の安定性を向上。
  • 静止画撮影時のC-AFの性能を向上。
  • 撮影画像の色再現性を改善。
  • 静止画撮影時の動作安定性を向上。
  • パナソニック株式会社製交換レンズ「LEICA DG ELMARIT 200mm F2.8 / POWER O.I.S. (H-ES200)」を使用時に、オートフォーカス(AF)機能が正常に動作しない不具合を修正。

待望だったスモールAFターゲットの復活は素直に嬉しいです。「静止画撮影時のC-AFの性能を向上」、「撮影画像の色再現性を改善」、「AEL/AFLボタンを親指AFに設定したときのレスポンスを改善」も地味に嬉しいですが、親指AFをAEL/AFLボタンではなく、Fn1ボタンに割り当てているので、それでも同じような改善効果が得られるのかどうか気になるところです。

ファームアップは済ませましたが、まだ試せていないので、どれだけ使い易くなったのか、次の撮影が楽しみです♪

ブログについての備忘録 #6

舌を出すレッサーパンダ

ブログについて、というかWordPressについて久しぶりに書きたいと思います。#6となっていますが、#5は2015年5月と大分前に書いているので、興味のある方はカテゴリー:WordPressから遡って見て下さい。

レンタルサーバーはネットオウルのミニバード(50GB)を使っていますが、今はスターサーバーに統合(ミニバードはライトプラン月額250円に相当)されて、ミニバードの新規申し込みは出来なくなっているようです。スターサーバーに統合されて良くなったところは、高性能CPU・大容量メモリの最新サーバーでWordPressが高速動作、独自SSLが無料で使える、簡単なプラン変更でリソースの拡張が可能など。逆に悪くなったところは、ミニバードでは5個使えたMySQL(データーベース管理システム)が1個に減った(ライトプラン)ところで、複数サイトを運営する人にとってはライトプランは選択肢に入らなくなったかなと思います。ちなみに、ミニバードを契約している人は統合後もMySQLは5個のまま使えるようです。

独自SSLは試しに一度やってみたんですが、どこをどう間違ったのか、ブログが見られなくなってしまったので急いで削除しました。もう少し調べてからまた挑戦したいと思います(汗)

ブログ開設当初から使っているテーマ「Capture」はかなり気に入っているので、今でもずっと使い続けています。スマホの画面では画像が少し小さく感じますが、PCの大きな画面で見てもらいたいので、もうこのままでいいかな。

記事の作成は、結構早い段階でビジュアルエディターを卒業して今はテキストのほうで書いています。クイックタグを簡単に追加できるプラグイン「AddQuicktag」を導入してからは記事作成の時間がかなり短縮しました。

使っているプラグインは結構増えましたが、セキュリティ関連のものを除くと・・・

※「Scroll Top and Bottom」はページの最上部、最下部へ一気にスクロール出来る便利なプラグインで、特に最下部へスクロール出来るプラグインはほとんど無くて貴重な存在だったんですが、公開されなくなったのか、探しても見つかりませんでした。

とりあえず、現時点ではこんなところでしょうか。ブログのテーマを弄ったり、新たに便利なプラグインを見つけた時には備忘録としてまた書きたいと思います。

追記:他サイトへのアバター表示のため、「Simple Local Avatars」から「Gravatar」に変更しました。
追記(2018/05/14):無料独自SSLを導入しました。

スモールAFターゲット

ビントロング

先日、オリンパスから発表があったマイクロフォーサーズカメラ「PEN E-PL9」。少し気になる部分があったので仕様表を見たところ、やはりスモールAFターゲットが無くなっていました。興味が無かったので調べてなかったんですが、昨年9月に発売された「OM-D E-M10 MarkIII」も無くなっていますね。E-PL8にはあるので、測距点が81点から121点になったタイミング(E-M1 MarkIIから?)で無くしたようです。

オリンパスHPのQ&A(よくあるお問い合わせ)を見ると、E-M1 MarkIIのAFターゲット数が増えたことにより、E-M1のスモールAFターゲットとほぼ同じ大きさになったからスモールAFターゲットの設定を無くしたと回答されていますが、どう見てもほぼ同じには見えません。特に横幅は倍近い差があるんじゃないでしょうか。どうしてもスモールAFターゲットを無くしたいのなら、測距点をせめて倍に増やさないとだめでしょ。っていうか、ユーザーの不満の声を無視してまでスモールAFターゲットを無くすことに何かメリットがあるのでしょうか?

スモールAFターゲットについてはこれまでかなりしつこく書いてきましたが、新発売のE-PL9でも使えないようなので、近日公開が噂されているE-M1 MarkIIの大型ファームアップがくる前にもう一度書いておきました。スモールAFターゲットの復活か、測距点を倍に増やすかしない限り、オリンパスのボディを今後買うことはないです。

スモールAFターゲットについて書くのはこれで最後にしようと思います。

現像マジック

スナドリネコ(ストレート現像)

ストレート現像

↑はガラス越しに撮ったスナドリネコの写真です。前回の写真と雰囲気が違っていますが、同日、ほぼ同時刻の撮影です。違うのは、↑はLightroomでストレート現像(何も弄らずに書き出し)したもので、ガラス越しの撮影でありがちな、靄がかかったような写りになっています。ちなみに、前回は現像時にかなり弄っています。

Read More

Loading...
X
↓