Loading...
X

カルガモとソニーの超望遠

カルガモ
カルガモ

菖蒲園の水路に、可愛いカルガモが泳いでいたので、60mm F2.8 Macroから40-150mm F2.8 PROに付け替えてパチリ。親もいましたが、一緒にいるところはシャッターチャンスがなくて諦めました(汗)

ソニーが超望遠ズームレンズ「FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS」とG Masterシリーズの超望遠単焦点レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」を発表しました。200-600mmの希望小売価格は税別27万8,000円、600mmF4の希望小売価格は税別179万5,000円と、どちらもかなり高いですね。200-600mmがインナーズームというのは驚きました。

200-600mmは100-400mmと違い、この価格でG Masterシリーズじゃないというのが少し気になりますが、APS-C機との組み合わせで35mm判換算900mmというのは、写り次第ですがかなり惹かれます。ニコンD500やキヤノン7DIIのようなAPS-Cのフラッグシップ機がEマウントで出れば、の話ですが・・・

2 observations on “カルガモとソニーの超望遠
  1. iidacamera

    決して悪口ではないのですが、ソニーのカメラって余りキビキビした印象がなくて、
    超望遠とかそっち目当てでボディを検討していく人がどれくらいいるのかってういのがちょっと疑問です。
    でもめちゃくちゃ早いAPS-Cとかも本当に出すならまた一気にソニーに動く人が出るかもしれませんね。

    インナーズームっていうのは本当にすごいですよね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      iidacameraさん、こんにちは。

      そういえば、野鳥撮影でソニー使っている人はあまり見掛けませんね。たまたまかもしれませんが・・・

      インナーズームの超望遠レンズって移動時や防湿庫の中でかなり嵩張りそうですが、撮影時はめっちゃ使い易いでしょうね。ロクヨンも出ますし、これからキビキビ動くボディも出てくるのはないでしょうか。APS-Cのフラッグシップ機は出して欲しいですね。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓