Loading...
X

鹿じゃなくてカルガモ

奈良公園のカルガモ
奈良公園のカルガモ
奈良公園のカルガモ
奈良公園のカルガモ
奈良公園のカルガモ

久しぶりの奈良公園、ですが、鹿じゃなくてカルガモです(笑)

パナソニックが、ミラーレスカメラ「LUMIX S1R」「LUMIX S1」と交換レンズ3本を国内で正式発表しました。

ライカにつられて高くなるだろうなぁと思っていましたが、予想は当たりました。2月14日現在、価格.com最安値だと、S1Rが455,976円、S1が308,556円、レンズはまだ価格.comに登録されていませんが、希望小売価格だと、50mmF1.4が税別28万5,000円、70-200mmF4が税別21万円、24-105mmF4が税別16万円と、レンズの方はどれも予想を大幅に超えてきました。

う~ん、Lマウントには期待していましたが、最後の砦となるシグマに頑張ってもらうしかないですね。SD1の悪夢が再び起こらないことを祈ります(笑)

※SD1の悪夢:発売開始時の実勢価格が約70万円と、APS-C機としてはかなり高価な価格で発売されたSD1。後にイメージセンサーの製造方法を一部見直すことで大幅なコストダウンを実現、SD1 Merrillと名前を変え、20万前後の実勢価格となる。

2 observations on “鹿じゃなくてカルガモ
  1. iidacamera

    こんにちは。
    パナ高かったですね。
    ボディとレンズの大きさも個人的には気になります。

    つくづくキヤノンが今の所滑り出しが上手いように感じますが、
    あのやり方も巨大メーカーだからできるのかもしれませんね。

    レンズが高いとキヤノンも言われてますが、24-105と35マクロに関しては、
    EFとほぼ同様の値段なんですよね。

    レンズも少しコンパクトにまとめてくるつもりのようですし、
    僕がまさに求めていた方向性なんですが、使い飽きたキヤノン、
    ってとこらへん、少し複雑です。

    シグマは大きいカメラでもなんとなく許せそうですし(笑)、
    個性的なカメラを期待したいところです。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      iidacameraさん、こんばんは。

      ボディはソニーRシリーズのような値下がり方をするんじゃないかと思うんですが、レンズは大幅な値崩れはしなさそうなので、いくら性能が良くても50mmF1.4や70-200mmF4は高過ぎると思いました。ライカ認定済みのマークが付いていない24-105mmはまだ手の届きそうな価格ですが・・・

      キヤノンのRPは15万6千円スタートですね。ここから2~3万下がればKissシリーズのように爆売れすると思います。RF35mm F1.8と合わせるとコンパクトで使い易そうですね。

      35mm判フルサイズで望遠レンズは使いたくないので、小型軽量なRPにはかなり惹かれます。逆にM4/3は望遠重視なので、おっきなボディでも全然平気です。

      残るはシグマですね~。CP+ではレンズだけでなく、ボディのほうも発表して欲しいですね。あ、自分もシグマなら大きくても許せます(笑)

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓