Loading...
X

囀りと瞬膜

ジョウビタキ雄の囀りと瞬膜

前回の写真の別カット。囀り+瞬膜の珍しい瞬間(そうでもない?)が撮れていました。E-M1 MarkIIをメイン機材にしてから高速連写を多用するようになったので、RAW現像時の宝探し的な楽しみが増えたように思います。撮影枚数も増えるので、写真の整理は大変になりますが・・・

※瞬膜:まぶたとは別に水平方向に動いて眼球を保護する透明又は半透明の膜。鳥や爬虫類が瞬きをする時に、目の内側から瞬間的に出てくるため「瞬膜」と呼ばれる。

2 observations on “囀りと瞬膜
  1. きゅきゅ

    わぁかわいいですね!鳥さんのお口を開けた姿、大好きです。
    連写してるといろいろなショットがありますよね~。目に見えない世界、楽しいですね☆

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      きゅきゅさん、こんにちは。

      口を開けた瞬間はファインダー越しでも判りますけど、瞬膜はさすがに見えないので、現像時に見つけると嬉しくなります。あんまり可愛くはないんですけどね(汗)

      動体撮るぞって時以外はほとんど電子シャッターを使っているので、連写はシャッターの耐久性など気にしなくていいのが助かります。メカシャッターだとどうしても気になっちゃって・・・1台のボディで20万回とかシャッター切ったことはないんですけどね(笑)

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓