Loading...
X

秋の渡り 2018 #1.1

キビタキ雌

キビタキ雌

前回とほとんど同じ写真ですが、こちらのほうがより解像してたので、#1.1として投稿。構図は前回のほうが好きですが、RAW現像も含めて、「M.ZD ED 300mm F4.0 IS PRO」の描写性能をかなり引き出せたんじゃないかなと、自画自賛です(笑)

目じゃなくて上背くらいにピントを合わせれば、羽毛はもう少し細かい部分まで解像するかもしれませんが、1.4倍テレコン(MC-14)付きの画像としては、この距離ではこれくらいが限界でしょうか。

それにしても、M4/3の2,000万画素の画素ピッチ(3.35μm)でも、モアレ(偽色?)は出ますね。

2 observations on “秋の渡り 2018 #1.1
  1. 時計好き

    おはようございます。
    これくらい写るならもうBORGの出番ないですね。
    少し前に噂サイトでオリの人がズームだか単だか知らないけど望遠を出そうかなっていってたとのことなので少し期待してます。

    フツーに考えて5-600mmズームだろうと思いますがこのクラスは各社ともテレ端がおまけのような感じなので12-100mmみたく良い意味で期待を裏切って欲しいですね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      時計好きさん、おはようございます。
      って、めっちゃ早いですね!
      こちらは、せっかくの休みなのに起きたらAM11:00でした(汗)

      サンヨン使いだしてからはBORGの出番が無くなりました。サンヨンの価格から考えると、やっぱBORGだな、とならなかったのは良かったんですが、少しずつパーツを増やして使い易くしていったBORGだけに、使わないのはもったいないなぁと思います。

      BORGといえば、中川さんのブログの更新が止まっているのが心配ですね。病気療養のため長期休職とのことですが、BORG製品の生産終了が続々と増えているのが気になります。売れ筋であろう71FLや77EDIIまで生産中止(対物レンズの生産終了)になっちゃってるのは謎ですね。

      オリの超望遠ズームは開発発表だけでも早く出して欲しいですね。フルサイズミラーレスの流れが加速していますが、超望遠域での機動力はM4/3の一番の魅力だと思います。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓