Loading...
X

同じ桜

毛馬の桜と少女

今年も満開の綺麗な桜を見ることが出来ました。毎年同じ場所、同じような構図で撮っている桜ですが、ここで満開の桜を見ると、1年経つの早いなぁと実感します。撮影機材はDP1 Merrill、オリジナルサイズ(長辺4704pix)でアップしているので、画像をクリックする際はご注意下さい。

シグマDPシリーズが今年で10周年になります。あっと驚くような新製品出さないかなぁ。EVF内蔵、防塵防滴仕様のDP1(35mm判換算28mm)が欲しいです。QuattroじゃなくMerrillで出してくれたら最高です。

6 observations on “同じ桜
  1. pentaro

    髪の流れ具合と繊細さが、さすがSIGMAですね。
    メリルだとまだコンパクトってスタンスですものね、それでこの解像度はさすがだわぁ~。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      pentaroさん、こんばんは。

      コンデジと呼べるのはメリルの大きさまででしょうか。クワトロは大きいですし写りもメリルのほうが好きだったのでスルーしました。これだけの高解像カメラがカメラバッグの中で嵩張らないのが良いですね。マイクロフォーサーズ2台体制で出掛けても、DP1 Merrillなら余裕で入ります♪

      EVF内蔵か外付けを次機種に期待していますが、シグマじゃ無理ですかね~。レンズの開発力は凄いんですが、ボディのほうは進化が超遅いです(汗)

       
  2. 時計好き

    おっ。きましたね。
    そしてDP1での1枚でしたか(^^ゞ
    もう葉っぱ出だしたし、僕の同じ桜は1回パスになりそうです。

    なんか一時期レンズ交換式DPがでるとかなんとか言ってなかったですか。
    でもレンズ一体だから住み分けられる、気軽に持ち出せるっていうのもあるのでしょうし、正常進化版が良いのかな。

    シグマのレンズは良いのに歯がゆいところですね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      時計好きさん、こんにちは。

      毎年代わり映えしませんが、桜と青空はやっぱり気持ちが良いですね。近場はもう葉桜になってきたので、桜を撮るなら遠出しないとダメですね。なんか今年の桜はあっという間に終わってしまいそうです。

      シグマのボディは、sd Quattroシリーズでミラーレスになりましたが、フランジバックが長いまま、マウントアダプターがついたような姿で中途半端な感じが嫌でした。ソニーFEマウントのレンズを出してきたので、次のボディは真のミラーレス機になるんじゃないかと思うんですが、どうなりますかね~。鈍足でもいいので、シグマのフルサイズミラーレスを見てみたいです。

      それとは別に、DPシリーズも進化させて欲しいですね。EVFを内蔵してくれるだけでも買いなんですが・・・

       
  3. iidacamera

    右の方は流れてるのではなくて被写界深度から外れてるんですか?
    って、これだけ解像するとそういう些細なことに目が行ってしまいますね。

    しかしこの像だと、いっかいどこまで伸ばせるのか、大判で思いっきりプリントしてみたくなります。

    シグマはボディの進化がホント遅いですよね。
    センサーも特殊ですし、他にこのセンサー採用するメーカーがないので、余計に難しいでしょうし。

    気軽に使えるシグマのカメラが欲しいとは思いつつ、気難しさがあるから面白いのかも、
    とも思いますし、そんなこんなで購入まで踏み切れません。

    でも確かに、メリルが今まで見たサンプルでも一番納得感のある描写でした。
    クワトロも外観でかいですが尖ってて好きなデザインなんですけど、
    写りはなんか普通に近づいているような気が…。

     
    Reply
    1. Hiro Clover

      iidacameraさん、こんにちは。

      右のほうの木は被写界深度から外れています。遠近感が掴みにくいですが、手前の木から結構距離が離れてたのと、フォーサーズの被写界深度の深さに慣れちゃってたのと、DP1 Merrillの背面液晶ではピントが見え辛かったと言い訳をしておきます(笑)

      シグマのボディではメリルの世代のセンサーが、一番フォビオンの特徴が出ていますね。仰るように、クワトロではベイヤーの写りっぽく感じて、色んな作例を見ても驚きが無かったです。

      次のボディがどんな形で出てくるのか楽しみですが、いい加減EVFだけはちゃんとしたのを載せて欲しいですね。レスポンスの遅さはある程度我慢出来ますが、そこだけは譲れないです。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓