タグ: M.ZD ED 40-150mm F2.8 PRO

嵐山モンキーパーク 2018 #9

屋根の上でくつろぐ子猿

個人的にかなりツボだった一枚。子猿ですが、仕草と顔がおっさんっぽい・・・(笑)

嵐山モンキーパーク 2018 #8

リンゴをかじる子猿

休憩所の中からリンゴをかじる子猿をパチリ。子猿というより赤ちゃん猿ですが、器用に両足で体重を支えている姿は見てて微笑ましいです。

ライカ、パナソニック、シグマによる協業「Lマウントアライアンス」がフォトキナで発表されました。パナソニックは、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1」と「LUMIX S1R」を発表、高画素機にRをつけたり、GHシリーズの低画素機にSをつけたり、ソニーの真似し過ぎですね。Sシリーズもライカの中判デジタルと被ってるし。LUMIXブランドの継続も残念に思います。せめてフォントの書体は変えて欲しかったですね。

中身は、噂通りの隙の無いスペックで、他社の欠点をことごとく潰してきましたね。モニターの3軸チルトはパナソニック初でしょうか。3軸チルト液晶は理想形だと思うので、オリンパスも採用して欲しいです。

驚いたのは、マイクロフォーサーズレンズ「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7」の開発発表でした。35mm判換算20-50mm相当の画角でF1.7通しというのは凄いですね。

シグマがLマウントボディの開発を示唆したことは、一番嬉しいニュースでした。35mm判フルサイズフォビオンセンサーのミラーレスカメラ、想像するだけでワクワクしますね♪

嵐山モンキーパーク 2018 #6

手のひらを見る子猿

じっと手を見る・・・

嵐山モンキーパーク 2018 #4

お猿の赤ちゃん

今年生まれたお猿の赤ちゃんは例年よりも逞しい感じがするのは気のせいかな・・・

パナソニックのフルサイズミラーレスですが、ボディ内ぶれ補正、4K60P動画、低画素、高画素センサーの2機種、レンズは、24-70mm、70-200mm、50mm大口径と、最初から隙のないラインナップで凄いですね。発表がもう少し早ければ、ニコンやキヤノンに話題性では勝てたかもしれませんが、来年3月の発売だったら遅過ぎますね(汗)

嵐山モンキーパーク 2018 #3

木の上の2頭のお猿

晴れの日の嵐山モンキーパークは清々しいです。もうちょっと涼しければ最高だったけど。水分補給と休憩を挟みながら、気付いたら4時間くらい撮っていました♪

ライカ・パナソニック・シグマがフルサイズミラーレスシステムで協業するって噂、ホントかな。ライカSLマウントだと、パナのボディやレンズがライカにつられて高くならないか心配です。ライカのレンズなんて、高過ぎて選択肢にも入らないですし、マウント径も中途半端に感じます。シグマはフルサイズフォビオンセンサー搭載機を出すのかな?SAマウントはどうするんだろう。シグマが一番気になりますね。

とりあえずは、オリンパスが参加していなくてホッとしました。

追記:4/3Rumorsの姉妹サイト「L-Rumors」が誕生しました。これで噂の確度は100%かな。

Loading...
X
↓