Loading...
X

プロ野球ドラフト会議 2018

外堀から見た大阪城

2018年のプロ野球ドラフト会議、終わりましたね。阪神は大阪桐蔭の藤原を1位指名しましたが外れ、外れ1位に立命館大の辰己を指名しましたが外れ、最終的には、大阪ガス・近本を外れ外れ1位で交渉権を獲得しました。外野手は福留、糸井と高齢化が心配なので、即戦力として期待しています。170cmと小柄で俊足、赤星選手のように活躍して欲しいです。

注目の大阪桐蔭の根尾は4球団抽選で中日、藤原は3球団抽選でロッテ、報徳学園の小園は4球団抽選で広島、金足農業の吉田輝星は1位指名は無く、外れ1位の1本釣りで日本ハムが交渉権を獲得しました。日本ハムは甲子園のスター選手獲るのホント上手いですね。

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓