Loading...
X

バリアングル

レッサーパンダ

神戸どうぶつ王国のレッサーパンダの写真。前々回の写真も同じですが、手前にある木の葉っぱを前ボケに使いたかったので、カメラのバリアングル液晶を開いて両手を上に伸ばし、縦位置で背面液晶を見ながら撮っています。液晶を開かなくても撮れますが、見易さは全然違ってきます。

背面液晶は、固定式、チルト式、バリアングル式、3軸チルト式、ペンタックスのフレキシブルチルト式などがありますが、個人的には、撮影対象が生き物なので、メインで使うカメラは縦位置ローアングルに対応出来るものを選びたいです。

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓