Loading...
X

待ち遠しい

嵐山モンキーパークのお猿

「Silver Efex Pro(アンティークプレートII)」×「ブリーチバイパス」。物憂げなお猿の表情に合ってるかな?

ブリーチバイパスといえば、9月15日に発売されたオリンパスの小型軽量一眼、OM-D E-M10 Mark IIIに新アートフィルターとして搭載されています。アートフィルターが増えるのは久しぶりのように思いますが、当然ながらフラッグシップ機のE-M1 MarkIIにもファームアップで搭載されるものと思っていましたが何もありませんでしたね。

初代E-M1の時は確か、E-PL7(当時の新アートフィルターであるヴィンテージとパートカラーを搭載)発売と同じ頃にVer.2.0の大型ファームアップで、アートフィルターを含めてかなりの機能拡張がありましたが、E-M1 MarkIIは発売からもうすぐ一年が経つというのに、機能拡張ファームアップがまだ一度も無いのが残念でなりません。

同時期に発売された富士フイルムのX-T2は、もうVer.3.0まで機能拡張ファームウェアが出ていますし、後発のパナソニックGH-5もVer.2.0が9月27日に公開されました。手厚いファームアップでユーザーの心を掴んでいたオリンパスですが、一体どうしちゃったんでしょうね。

E-M1 MarkIIは、スモールAFターゲットが使えないという明確な欠点があるだけに、本当に機能拡張ファームアップが待ち遠しいです。

4 observations on “待ち遠しい
  1. みやたん

    ホワイトエッジのような効果も、お写真の雰囲気にとてもマッチしてますね^^
    とてもシュっとしたお顔立ちのお猿さんですねぇ♪

    ブリーチバイパス、ちょっと使ってみたくなりますがそのためにE-M10MkⅢ
    買うのもなあ。。。OV3の現像では最近の機種であれば対応しているんでしょうけど。
    X-Pro2は今年末くらいにVer.4.00まで上がる予定です。4K動画とか使わないけど
    AF-Cの動作向上なども含まれているようで。(これも殆ど使ってないけど^^;)

    E-M1Mk2は評判が良い事にメーカーが甘えちゃっているのでしょうかね?
    あまりにも対応が遅いと折角のファンが逃げてしまわないか心配になりますね。
    ボディ更新のサイクルを長くするといった話も出ているようですし、それなら
    長く使ってもらう為にも、手厚いファームアップは必須だと思うのですがね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      みやたんさん、こんばんは。

      お気に入りのSilver Efex Proですが、Lightroomのプリセットを後掛けすると面白い雰囲気になったので、ちょっと遊んでみました。こういう感じのアートフィルターがあったら面白いなぁと前から思ってたんですよね♪

      富士フイルムはブリーチバイパス無いんですね。あったのはペンタックスだったかな?
      X-Pro2もVer.4.0までいきますか!富士フイルムは継続して手厚いファームアップがあって羨ましいですね。4K非搭載機に4Kが搭載されるのは凄いことですね。キヤノンだったら絶対にやらないだろうなぁ(汗)

      E-M1 MarkIIはスモールAFターゲットさえ使えれば満足度はかなり高くなるんですけどね。そこだけでも先にやって欲しかったところですが、ここまできたら復活があるかどうかも判らなくなってきました。今年中に何も無かったら手放しちゃうかも(汗)

       
  2. iidacamera

    E-M5mk2をエラーとフリーズがちょいちょい起こるので夏に手放して、フジ機に逃げてしまいました。
    でも、今でも子どもの動画とか、ちょこちょこ撮るのにはあっちの方が便利やったなぁって思います。
    フジも小さい単焦点と小さい標準ズームの性能がすごく良いので、家族写真にはとても便利ですが。

    オリンパスはもともとの写真機としてのカメラの完成度だけで言うと、フジフィルムやパナソニックより、
    かなり良いようにも感じますが、フジはジワジワ追い上げているようにも見えますし、
    ウカウカしてられないですよね。
    のんびり構えているわけではなくて、カメラ事業自体がかなり厳しいんでしょうけど、
    そっちはあんまり考えたくないです。(笑)

    Hiroさんもはもしかしたら、E-M1mk2が「なんか楽しくないカメラ」になってしまってるのかもしれませんね。
    ワクワクさせてくれること、って何なのかは分かりませんが、ソニーのα4桁はNEX-7が楽しかったので、
    また欲しいなぁってしょっちゅう思うんですが、レンズが止まってて、フジを止めてまで買う気にはならないですし、
    そのシステムの伸びしろがユーザーに見えてるとワクワクさせられるのかもしれませんね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      iidacameraさん、こんばんは。

      E–M1 MarkIIが「なんか楽しくないカメラ」になってしまっているというのは図星です。ここ1年くらい写欲が落ちているのとちょうど時期的に重なっているので、どっちが原因かは微妙なところなんですけどね・・・(汗)

      フジはボディのラインナップ的にはオリンパスと似た感じなのかなぁと思いますが、単焦点レンズに使いたいものが多くて羨ましいです。実際に使ってみると足りないところは出てくると思いますが、やっぱ隣の芝生は青く見えますね。

      ソニーはフルサイズに注力しててAPS-Cのほうはレンズが出なくなりましたね。ソニーのAPS-C機ボディがかなり小さいので、フルサイズ用のレンズだとアンバランスに見えます。

      ミラーレスはフルサイズが現状ソニー一択なので、早く選択肢が増えるといいなぁと思います。来年辺り、ニコンから出そうな感じですが、ソニーがNEX-7ライクなデザインでフルサイズミラーレス機を出してくれたら、迷わずいっちゃうかもしれません(笑)

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓