カテゴリー: Animal

嵐山モンキーパーク 2018 #8

リンゴをかじる子猿

休憩所の中からリンゴをかじる子猿をパチリ。子猿というより赤ちゃん猿ですが、器用に両足で体重を支えている姿は見てて微笑ましいです。

ライカ、パナソニック、シグマによる協業「Lマウントアライアンス」がフォトキナで発表されました。パナソニックは、フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S1」と「LUMIX S1R」を発表、高画素機にRをつけたり、GHシリーズの低画素機にSをつけたり、ソニーの真似し過ぎですね。Sシリーズもライカの中判デジタルと被ってるし。LUMIXブランドの継続も残念に思います。せめてフォントの書体は変えて欲しかったですね。

中身は、噂通りの隙の無いスペックで、他社の欠点をことごとく潰してきましたね。モニターの3軸チルトはパナソニック初でしょうか。3軸チルト液晶は理想形だと思うので、オリンパスも採用して欲しいです。

驚いたのは、マイクロフォーサーズレンズ「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7」の開発発表でした。35mm判換算20-50mm相当の画角でF1.7通しというのは凄いですね。

シグマがLマウントボディの開発を示唆したことは、一番嬉しいニュースでした。35mm判フルサイズフォビオンセンサーのミラーレスカメラ、想像するだけでワクワクしますね♪

嵐山モンキーパーク 2018 #7

寝ているお猿の親子

リコーのハイエンドコンパクトカメラ「GR III」の開発が発表されました。2019年春に発売予定とのことですが、リコーのことだから延期は普通にあり得る、というのを込みで考えると、まだまだ先は長いかもしれませんが、GRシリーズが継続されるというだけでも嬉しいニュースですね。

GRIII

・外形寸法、約109.4(幅)×61.9(高)×33.2(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
・質量(重さ)、約257g(バッテリー、SDメモリーカード含む)、約227g(本体のみ)

GRII

・外形寸法、約117.0(幅)×62.8(高)×34.7(厚)mm(操作部材、突起部を除く)
・質量(重さ)、約251g(電池、SDメモリーカード含む)、約221g(本体のみ)

センサーシフト式の手ブレ補正機構(3軸補正)とゴミ取り機能(DRII)の搭載で、先代とほとんど変わらない重量、幅も高さも厚みも少し小さくなっているというのは凄いですね。レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジン等の主要デバイスを全て一新、と書いてあるので、画質にも期待出来そうです。来年フルサイズミラーレスで欲しいカメラが無かったら、GRIIIいっちゃおうかな、なんて妄想が広がります♪

嵐山モンキーパーク 2018 #6

手のひらを見る子猿

じっと手を見る・・・

嵐山モンキーパーク 2018 #5

草木に囲まれてくつろぐ子猿

嵐山モンキーパークのお猿が続きます。組み写真としてまとめられなかったので、小出しになっちゃってますが・・・

カメラネタも続けます。ライカ・パナソニック・シグマが協業するLマウントフルサイズミラーレスですが、シグマがLマウントのカメラを発表するかも?と噂されています。これが本当なら、SAマウントユーザーにとっては悲報になりますね。シグマなら無償でマウント交換とかやるかもしれませんが、どうなりますかね~。次世代フォビオンセンサーのフルサイズミラーレスとか、想像するだけでワクワクします。

嵐山モンキーパーク 2018 #4

お猿の赤ちゃん

今年生まれたお猿の赤ちゃんは例年よりも逞しい感じがするのは気のせいかな・・・

パナソニックのフルサイズミラーレスですが、ボディ内ぶれ補正、4K60P動画、低画素、高画素センサーの2機種、レンズは、24-70mm、70-200mm、50mm大口径と、最初から隙のないラインナップで凄いですね。発表がもう少し早ければ、ニコンやキヤノンに話題性では勝てたかもしれませんが、来年3月の発売だったら遅過ぎますね(汗)

Loading...
X
↓