タグ: BORG71FL

フィールドテスト #2

枝に止まっているキビタキ雄

2度目のフィールドテストではキビタキ雄が遊んでくれました。今回の撮影機材は、E-M1+BORG71FLに、野鳥との距離が遠かったので、フォーサーズの1.4倍テレコンEC-14をつけて、35mm判換算1,120mmでの撮影です。これでもトリミングしないとちょっと物足りない感じなんですが、撮影中の人が他にもいたので1歩前に出るわけにもいかず。てことで、今回はトリミングしている写真も何枚か入ってます。

Read More

中秋の名月 2015

2015年の中秋の名月

今年も撮ってきました、中秋の名月。満月は明日28日なんですが、今年最も大きく見えるスーパームーンになるそうです。明日の満月も綺麗に見えるかな♪

OM-D E-M1 Ver.4.0が11月下旬に公開

木の枝に止まるカワセミ

久しぶりのカワセミです。しばらく雨の日が続きそうだったので、どんよりした空模様の中、野鳥探索に出掛けましたが、鳥影はあっても判別するのが難しいくらいの暗さ。ダメ元でカワセミを狙いに行きましたが、最後に出会いがあって良かったです。

「OLYMPUS OM-D E-M1」のファームウェア Ver.4.0と、「OM-D E-M5 Mark II」Ver.2.0の機能拡張ファームウェアが11月下旬に公開されるそうです。

・オリンパス ニュースリリース

E-M1のファームウェアバージョンアップ、今回も凄い内容になってますね。詳細はリンク先を見てもらうとして、特に嬉しいのは「深度合成モード」と「フォーカスブラケット」 、「静音モード(電子シャッターモード)」の搭載、「低振動モード(0秒)での連写対応の追加」でしょうか。

深度合成モードは「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」の3本、フォーカスブラケットはマイクロフォーサーズのAFレンズ対応となっているので、標準ズームを入れ替えようか迷いますねぇ。

低振動モード(0秒)での連写はずっと搭載して欲しかったので本当に嬉しいですし、ファームアップでの電子シャッターの搭載は無理だと思っていたのでサプライズでした。これで月の撮影や野鳥撮影でブレが軽減されますね♪

公開が待ち遠しいですが、それまでに300mmF4Proは出るのかな?

1600mmの月 #2

月齢12.8の月(オートホワイトバランス)

月齢12.8(AWB)

ブログネタも無いので、前回と同じ日に撮った月の写真で遊んでみました。連写で数セット撮っていたので、今回は長めに連写したものの中から30枚をコンポジット、3113×2335pixにトリミングしています。1枚目は、AWB(オートホワイトバランス)、コントラストなどを上げずにナチュラルに仕上げてみました。

Read More

1600mmの月 #1

月齢12.8

月齢12.8

8月27日の月です。今回は、E-M1+BORG71FLにフォーサーズの2倍テレコン「EC-20」をつけて、35mm判換算1600mmでの撮影です。連写で撮った画像をRegistaxで20枚コンポジット、2162×2162pixに等倍切り出ししています。画像をクリックすると、かなり大きく拡大するのでご注意を。

BORGのカメラマウントはフォーサーズ用を使っていて、EC-14やEC-20などのフォーサーズのテレコンをBORGでも使うことが出来るんですが、BORGに2倍テレコンをつけての月の撮影は初めてかも。F11になるのでシャッタースピードが厳しくなりますが、これくらいの月なら、ISO400~ISO800で撮れますね。予想以上に解像してくれたのは嬉しい誤算でした。これだけ写るのなら、もっと早く試しておけば良かったですね。

Loading...
X
↓