カテゴリー: Equipment

待ち遠しい

嵐山モンキーパークのお猿

「Silver Efex Pro(アンティークプレートII)」×「ブリーチバイパス」。物憂げなお猿の表情に合ってるかな?

ブリーチバイパスといえば、9月15日に発売されたオリンパスの小型軽量一眼、OM-D E-M10 Mark IIIに新アートフィルターとして搭載されています。アートフィルターが増えるのは久しぶりのように思いますが、当然ながらフラッグシップ機のE-M1 MarkIIにもファームアップで搭載されるものと思っていましたが何もありませんでしたね。

初代E-M1の時は確か、E-PL7(当時の新アートフィルターであるヴィンテージとパートカラーを搭載)発売と同じ頃にVer.2.0の大型ファームアップで、アートフィルターを含めてかなりの機能拡張がありましたが、E-M1 MarkIIは発売からもうすぐ一年が経つというのに、機能拡張ファームアップがまだ一度も無いのが残念でなりません。

同時期に発売された富士フイルムのX-T2は、もうVer.3.0まで機能拡張ファームウェアが出ていますし、後発のパナソニックGH-5もVer.2.0が9月27日に公開されました。手厚いファームアップでユーザーの心を掴んでいたオリンパスですが、一体どうしちゃったんでしょうね。

E-M1 MarkIIは、スモールAFターゲットが使えないという明確な欠点があるだけに、本当に機能拡張ファームアップが待ち遠しいです。

一新

姫路セントラルパークのリスザル

Loweproのカメラバッグ「Nova」シリーズと「Flipside」シリーズがリニューアルされました。ショルダータイプのNovaシリーズは、180AWと200AW、リュックタイプのFlipsideシリーズは400AWを使っていますが、使い易く手頃な価格でコスパ最高だと思います。リニューアル後の販売価格がどうなるのか判りませんが、メインで使っている大きいサイズのNova 200AWがラインナップから無くなっている(140,160,170,180の4種)のが気になります。180AWだとサンヨン入れるには小さいんですよね。予備にもう一つNova200AW買っとこうかなと思ったら、どこも販売終了になってますねぇ、残念。

Lowepro、定番ショルダーバッグ「ノバ」シリーズを一新

Lowepro、PC対応になった「フリップサイドAW II」バックパック

遅いよオリンパス

木の上のお猿

E-M1 MarkIIの最新ファームウェア(Ver.1.3)が公開されました。「AFターゲット」の文字が見えたので一瞬喜びそうになりましたが、内容は「AFターゲットパッドが機能しないことがある不具合を修正しました。」・・・不具合の修正だけでした(汗)

AFターゲットパッドは使っていなかったので不具合があることすら自分は知りませんでしたが、発売から半年後の修正ってオリンパスにしては遅い対応ですね。

1年後のVer.2.0で新機能10項目一気に追加とかじゃなく、要望の多いものから一つでも早く追加してくれるほうが嬉しいんですけどね。はぁ、スモールAFターゲットはもう復活しないのかなぁ。S-AF使用時には必須の機能だと思うんだけど。開発陣の千本ノック(月に最低千枚写真を撮る)やめちゃったのかな?

月とワクワク

月齢5.8の月

月齢5.8(1/125秒 F5.6 ISO200)

E-M1 MarkIIで初めての月の撮影。300mmF4にMC-14(1.4倍テレコン)を着けて、35mm判換算840mmになりますが、初代E-M1と比べると、画素数が1,600万画素から2,000万画素にアップしているので、月が大きく写りますね。※写真は等倍切り出し(1661×1246pix)

今回も手持ち撮影ですが、1/125秒より遅いシャッタースピードだと歩留まりが悪くなりますね。初代E-M1のほうが手振れ補正が安定している感じがしますが、気のせいかな(汗)

E-M1 MarkIIのファームウェアVer.1.1が公開されました。やっときたかと思って内容を確認したら、「RAW画像生成時の安定性を向上させました。」ってだけ書いてあります。えっ、スモールAFターゲットの復活は無いの?う~ん、最近のオリンパスはガッカリされられることがホント多くなりましたね。初代E-M1の時のようなワクワク感、MarkIIでは味わえないのかなぁ・・・

CP+2017

ハシビロコウ

カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+」。今年は各社新製品の発表が少なくて、カメラ好きとしてはちょっと寂しいですね。特に、メインで使っているオリンパスが何も無かったのは残念に思います。E-M1 MarkIIの新ファームくらいはあるだろうと思っていましたが、それも無しとは・・・

今年、創立100周年を迎えるニコンも、D5とD500の外装をガンメタリックにした100周年記念モデルを発参考出品しただけと、ニコンにしては珍しく寂しい感じですね。Dfの後継機や新型ミラーレス機の発表を期待してただけに残念です。

シグマからは、フルサイズ用の大口径レンズを4本(14mmF1.8、100-400mmF5-6.3、24-70mmF2.8、135mmF1.8)発表がありましたが、どれも魅力的なレンズですね。特に使ってみたいのは、135mmF1.8ですが、今回もペンタックスのKマウント用は無しでガッカリしました。シグマがKマウント用に出してくれたら、本気でK-1の購入考えるんだけどなぁ。それか、シグマがフルサイズsd Quattroを出してくれれば、シグマのレンズ買うんだけど、今のsd Quattroのボディのままだったら、やっぱいらないかな(汗)

追記:田中希美男先生のツイートで止めを刺された感じですね(汗)シグマのKマウント用レンズは諦めた方がスッキリしそうです。

Loading...
X
↓