Loading...
X

スモールAFターゲット

ビントロング

先日、オリンパスから発表があったマイクロフォーサーズカメラ「PEN E-PL9」。少し気になる部分があったので仕様表を見たところ、やはりスモールAFターゲットが無くなっていました。興味が無かったので調べてなかったんですが、昨年9月に発売された「OM-D E-M10 MarkIII」も無くなっていますね。E-PL8にはあるので、測距点が81点から121点になったタイミング(E-M1 MarkIIから?)で無くしたようです。

オリンパスHPのQ&A(よくあるお問い合わせ)を見ると、E-M1 MarkIIのAFターゲット数が増えたことにより、E-M1のスモールAFターゲットとほぼ同じ大きさになったからスモールAFターゲットの設定を無くしたと回答されていますが、どう見てもほぼ同じには見えません。特に横幅は倍近い差があるんじゃないでしょうか。どうしてもスモールAFターゲットを無くしたいのなら、測距点をせめて倍に増やさないとだめでしょ。っていうか、ユーザーの不満の声を無視してまでスモールAFターゲットを無くすことに何かメリットがあるのでしょうか?

スモールAFターゲットについてはこれまでかなりしつこく書いてきましたが、新発売のE-PL9でも使えないようなので、近日公開が噂されているE-M1 MarkIIの大型ファームアップがくる前にもう一度書いておきました。スモールAFターゲットの復活か、測距点を倍に増やすかしない限り、オリンパスのボディを今後買うことはないです。

スモールAFターゲットについて書くのはこれで最後にしようと思います。

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓