Loading...
X

のんびりと・・・

木の上のお猿

一月ぐらいサンヨンばかり使っていましたが、その反動なのか、今は軽い機材でのんびりと写真を撮りたくなってきました。嵐山のお猿を撮ってから燃え尽きちゃったというか、写欲がゼロになっていましたが、季節の移り変わりとともに、少しずつ撮りたい気持ちが回復してきました。花でも撮りに行こうかなと思ってますが、紫陽花がそろそろ見られるでしょうか。50mmF2マクロの出番ですね♪

話は変わりますが、ペンタックスK-1で、一部のシグマ製交換レンズ装着の際に、カメラ本体にすり傷が付くという案内がありました。

「ペンタックスK-1」での交換レンズのご使用についてのご案内

レンズ側の部品の交換修理にて対応を行う予定とのことですが、今後の展開が気になります。シグマがK-1用にフルサイズ対応レンズを出してくれることを期待していましたが、こういう問題が起こると先が読めなくなってきましたね。Kマウントからは手を引くなんてことにならなければいいんですが・・・

4 observations on “のんびりと・・・
  1. みやたん

    おお、とても雰囲気のある一枚ですね!!
    モノトーンで撮影したような落ち着いた感じが良いですね^^
    顔の表情も落ち着いた雰囲気に一役買っているような。

    軽い機材ばかりで撮っている僕は、たまにもう少しドッシリ
    したボディでジックリ撮ってみたい衝動に駆られることが(笑)
    でもK-1はちょっと重すぎるかな^^;

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      みやたんさん、こんにちは。
      木の上で一息ついているお猿、結構好きなんですよね。
      普段は険しいことの多いお猿の顔も、ここでは落ち着いた感じに見えます。

      どっしりしたボディだと、やっぱり光学ファインダーを使いたくなりますね。
      K-1はずっと気になってて、シグマの最新レンズが使えるなら、と思っていましたが、まさか発売後にこんな問題が出てくるとは(汗)

      今年中にシグマからKマウントレンズが出なかったら、K-1は購入候補から外れるかもしれません。
      純正レンズがもっと揃っていたら、こんなに迷わないんですけどねぇ。

       
  2. 時計好き

    良い雰囲気ですね~
    背景のボケ方も気持ち良いです(^^ゞ

    シグマの商売の仕方から(数が売れないと)しょうがないのかもしれませんが、SONYやPENTAXユーザーが欲しいレンズが割とスルーされてますよね(汗)
    逆にニコンとは色々あったし、キヤノンと比べると絞りも機械式で手間が(コストも)掛かるし本当はやりたくないんだろうなと思いますけど数考えると出さざるを得ないという(笑)

    ボディに傷がついてしまうっていうのはちょっと痛手ですねぇ。
    傷ついたボディはシグマが直接修理できるもんではないだろうけど・・・対応しないのかな?
    今後のラインアップに何らかの影響はあるかもしれないですねぇ。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      時計好きさん、こんにちは。
      今回の写真はかなり弄っちゃってますが、木の上にいるお猿はやっぱり絵になります♪
      煩くなりがちな背景でしたけど、サンヨンは40-150mmPROよりボケが綺麗ですね。

      シグマにとってもペンタックスにとっても、K-1で傷がつくレンズがあったのは思ってもみなかったでしょうね。シグマはK-1が発売されることも想定してなかったでしょうし、これまで発売されてるボディで問題ないのに、まさかフルサイズのボディでこんなことになるなんて、K-1はフルサイズ第一候補だっただけにホント残念です。

      これで、シグマがKマウントレンズを出す可能性は低くなったかもしれませんね~。
      どちらも悪くはないんでしょうけど、ただでさえ、K-1発売の時点でフルサイズ対応レンズが少ないのに、シグマのKマウントレンズを使っているユーザーのことを考えてなかったというのは痛過ぎますね。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓