Loading...
X

CP+2016

寝転ぶお猿

カメラと写真映像のお祭り「CP+」、一度でいいから行ってみたいなぁ。関西でもやってくれたらいいのに。今年はペンタックスのK-1やシグマのsd Quattro、ニコンのD500やDLシリーズなど、触ってみたいカメラが多いんですよね。

CP+2016では、ペンタックスのKマウント D FAレンズのロードマップが公開されたようです。

PENTAX K-Mount D FA Lens Roadmap

・広角単焦点レンズ
・大口径標準単焦点レンズ
・大口径中望遠単焦点レンズ
・大口径超広角単焦点レンズ
・フィッシュアイズームレンズ

上記の5本ですが、どれも2017年以降となっているのは残念ですね。気になるのは大口径中望遠単焦点レンズと大口径超広角単焦点レンズですが、ペンタックスが本気を出した単焦点レンズを見たいですね。あとは、シグマがKマウントに動くのか、注目したいと思います。

12 observations on “CP+2016
  1. みやたん

    僕はK-1の様なフルサイズレフ機に行く事は無いとは思いますが
    Kマウントレンズ好きとしては、色々魅力的なレンズが出てくれると
    嬉しいです^^ コシナ・ツァイスのZKマウントとか復活しないかな。。。
    まあ出たとしても高いレンズにはなりそうですが^^;
    それもこれもPENTAXのフルサイズが成功してくれないとですね。

    写真のお猿さん、人間ぽい表情ですね♪ ちょっと疲れたようにも
    見えますが、予約のメールがなかなか来なくて待ち疲れたのかな(笑)

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      みやたんさん、こんばんは。
      K-1ってフルサイズにしては小型のボディですけど、重さが1kgもあるんですよね。でも、グリップがしっくりくればそんなに重く感じないというのはオリのE-5で経験済みなので、そこは問題にしてないです。

      Kマウントレンズ、純正レンズは今年はこれ以上期待出来ないかもしれませんが、シグマが動いてくれればかなり選択肢が広がりますね。レンズのデザインも似合いそうですし、そうなればフルサイズ第一候補になるんですけどね。

      お猿の写真ですが、アップで撮ったら思いのほか男前でした。いや、雌だったかもしれませんが(笑)
      この時は、エサのばら撒きタイムで、スタッフさんの呼ぶ声に反応した表情だったと思います。

       
  2. 時計好き

    SDミラーレスは面白そうですね。
    以前は交換レンズのパワー不足が懸念でしたけど、最近の特にArtラインは解像力も相当良いみたいなのできっと楽しめそうな気がします。
    唯一心配なのは進化がゆっくりなカメラとしての基礎部分かな〜(^_^;)

    旧DP並のモッサリした動作だとちょっと興ざめです。
    逆にここが今時のカメラ並みに進化してればこれはすごいでしょうね〜

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      時計好きさん、こんばんは。
      シグマのレンズ、最近のは解像力だけ見れば純正レンズを確実に上回ってますよね。ミラーレスの像面位相差AFでどれくらい精度とスピードが出るのか判りませんが、気になるカメラなのは確かです。

      EVFが見易くて、価格がそこそこなら欲しくなるかもしれませんが、発売が夏頃だとちょっと遅いかなぁ。フルサイズだと大本命だったんですけど。

       
  3. monopod

    二強だけではやはり面白くありませんね。
    ペンタックスの頑張りを期待したいと思います^^
    ※LX良いカメラでしたねぇ、、、、

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      monopodさん、こんばんは。
      そうですよね〜、レフ機もまだまだ使いたいですし、二強にはないペンタらしさを期待したいですね。フィルム時代は知らないんですけど、LXはカメラ屋で見た時にその格好良さに思わず持って帰りそうになったことがあります(笑)

       
  4. iidacamera

    ペンタックス、APS-Cの方も引き続き頑張ってほしいです。
    キヤノンのL単とか6Dとか並単とか、いろいろと売ってフジを業務でも使えるくらいにレンズを揃えて、
    ライティングもフジでも組めるようにいろいろと工夫して、これはこれでとてもイイ感じなんですが、
    K3系に2.8ズームフルセット持って行くのと比べて、重量的に大差ないか、若干重いんですよね。
    レンズの重量のせいだと思いますが。

    レフ機で高性能、コンパクトで防塵防滴でカッコいいデザインで安価、っていうのは、相変わらず魅力的です。
    フルサイズのメリットって、ボケ量、高感度耐性、後処理耐性、あたりだと思うんですが、
    持ち出しやすさまで考えるとAPS-Cはすごく良いフォーマットだと思うんですけどね~。

    フルサイズ機で皆さん喜ばれてるのに空気読めてないようで申し訳ないですが…。

    フルサイズ機で劇的にいろいろと良くなれば、もちろんK-3系の後継にも期待できますね。
    2.8ズームはAF周り含めてリニューアルしてほしいです。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      iidacameraさん、こんにちは。
      APS-Cを使い続けているペンタユーザーは気が気じゃないと思いますね。ただでさえレンズの開発スピードが遅いのに、これからフルサイズ用のレンズばかり出そうな気配なので。ボディは凄く頑張ってると思うんですけど、レンズもそろそろリニューアルしないと、不満が出てきますよね。

      フジのほうは、もうそんなに揃えられたんですか!
      フジのレンズはデジタル補正に頼らない設計でしたっけ?
      ボディもソニーとかに比べると大きく重い感じですが、レンズのほうは作りや質感も良さそうなので、重いのはそのせいもありそうですね。

       
  5. iidacamera

    X-T1でAFスピード、カメラの起動時間やカードのフォーマットの速さ、高感度耐性なんかを確認して、
    これはいけるなぁって思って、すぐにプライベートと業務の両方でメインにしてみようって思いました。
    なので、広角・標準・望遠・60マクロと35mmをキヤノンの諸々売却して購入しました。
    もうキヤノンは仕事で最低限必要なものしか残ってません。
    広角系は相変わらず充実してますが。

    デジタル補正には頼ってないんですかね?
    パナみたいにRAWに補正が反映されてたりするともう分からないですが、RAWデータすごく良いですよ。
    ズームは少しだけ弱点がありますが、おそろしくよく写るのと、単焦点と発色が違ってすっきりしてて、
    その辺面白いなぁって思います。

    デジタルっていろいろと要求性能が上がってきてることもあって、小さいレンズは作りづらいんでしょうね。

    なので結局毎日持ち歩いているのはGX8です。(笑)

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      iidacameraさん
      済みません、曖昧な記憶でいいかげんなこと書いちゃいました。(^_^;)
      レンズによってはデジタル補正されているものもあるかも、です。
      2013年12月頃のメーカーインタビューでは、電子補正に頼らず、光学系だけで補正する設計をやっているとのことでしたが。

      キヤノンのレンズは仕事用だけ残されたんですか!
      でもまあ、仕事用だけといっても大三元とか、11-14mmとかありますもんね。(^_^)
      単焦点レンズは意外と古いものがあるので、高画素機に対応するべく、今年は次々とリニューアルされそうな感じがしますが、5DIVや6DIIがどうなるのかも楽しみにしています。

      パナのGX8、使用頻度高いですか。
      フジを揃えられたとのことで、マイクロフォーサーズはそろそろやばいかも、って思っていました。(^_^;)

       
  6. かぷち

    こんばんは。
    CP+行ってきましたよ。^^
    K-1はかなり並んでたんで触れませんでしたが、300㎜やquattroは触ってきましたよ。^^
    300mmはやっぱり欲しくなっちゃいましたが、quattroはデータも持ち帰れなかったんで、正直なところよくわかりませんでした。^^;

    CP+、関西でもやってほしいですね。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      かぷちさん、こんばんは。
      どこ。さんのところで行かれるというのは知っていましたが、お会いできたそうで良かったですね。
      オリのサンヨン、やっぱり欲しくなっちゃいましたか。
      今ちょうどこのレンズで撮りたい被写体が多いので、発売日にゲットされた方が羨ましく思います。

      シグマのsd Quattroは今動くだけでも凄いですよね(笑)
      触った人の感想で、操作レスポンスの悪さなどを目にしますし、製品化まではまだまだ遠いなぁという感じでしょうか。
      でも、これまでのDPシリーズでもそういう欠点を持ったまま発売されているので、悪い予感が当たらなければいいんですが。

      CP+、1度ぐらいは関西でやって欲しいですね~。
      カメラのお祭りの雰囲気、しばらく味わってないなぁ。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓