Loading...
X

泳ぐお猿

P2015_02_28_1

泳ぎの得意な嵐山のお猿、まだまだ寒いと思うんですけど元気ですね~。

P2015_02_28_2

C-AF+連写H(秒間9コマ連写)で撮ってたと思いますが、撮影枚数があっという間に増えていくのにビビリながらの撮影となりました。これ、多用すると帰ってからの後処理が大変ですね。

6 observations on “泳ぐお猿
  1. monopod

    一枚目、静と動が調和したなんとも興味深い作品です。
    ニコワン使ってますが、秒20コマなんて選ぶだけでひと作業!10コマに抑えてますが、それでもしんどいです(笑)

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      monopodさん、こんにちは。
      調子に乗って9コマ連写を多用していましたが、似たような写真から何を残すか考えながらの作業は時間が掛かりますね。(^_^;)
      普段は連写Lでも十分かなぁと。
      でも、E-M1はレバー操作などでの設定の切り替えが早いので助かります。
      ニコワンの連写、20コマというのはあっという間に撮影枚数が増えていきますね。
      ボタンを一瞬押しただけでも5コマくらい撮れてるんじゃ、、。(^_^;)

       
  2. pekico

    な、な、な、、、、なんで泳いでるの~!!!
    一瞬、地獄谷?かと思っちゃいましたが嵐山の池ですよね。
    夏ならまだしも寒いのになんでかな??

    猿は犬かきするのかな・・・

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      pekicoさん、こんにちは。
      子猿達が元気にじゃれあってたんですけど、そのうちテンションが上がりすぎたのか池にドボンと。
      泳いでたのはこの子くらいでしたけど。(^_^;)
      温水だったら気持ち良いんでしょうけど、池には鯉がいるので水はかなり冷たいでしょうね~。
      あ、泳ぎ方は犬かきでしたよ。(笑)

       
  3. iidacamera

    上手に泳ぐんですね。
    知りませんでした。

    僕は普段どのカメラでもC-AFは使わない(写真見れば要らないの分かりますよね)ので、たまに5D3とか、
    D810とかでC-AFに切り替えて、すごいスピードで近づいてくるものを撮らないといけないときとか、
    カメラの性能に改めて感心してたりします。

    高速連射も全然使わないですが、やっぱりたまに連射したときに、お~って一人で驚いてます。(笑)
    秒間9コマって、ちょっと前のキヤノンとかニコンとかの一番上のスペックと変わらないですもんね。
    連射早すぎて動物とかだと同じような写真が量産されそうですね。(笑)

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      iidacameraさん、こんばんは。
      小さな人工の池ですけど、お猿の泳ぎは上手でした。(^_^)
      奈良で子鹿の泳ぐところも見たことありますけど、あれは溺れかけてたのか必死の形相でした。(笑)

      5D3やD810だとC-AFでバシバシピントが決まるんでしょうね~。
      マイクロフォーサーズも初期の頃と比べると驚くべき進化だと思いますが、もっと上を目指して欲しいですね。
      秒間9コマの連写は仰るように動物だと似たような写真を量産しちゃいますね。(^_^;)
      でも、お猿が木からジャンプするところとか、9コマあればかなり面白い瞬間が撮れるんじゃないかと期待しています。

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓