Loading...
X

1600mmの月 #1

月齢12.8

月齢12.8

8月27日の月です。今回は、E-M1+BORG71FLにフォーサーズの2倍テレコン「EC-20」をつけて、35mm判換算1600mmでの撮影です。連写で撮った画像をRegistaxで20枚コンポジット、2162×2162pixに等倍切り出ししています。画像をクリックすると、かなり大きく拡大するのでご注意を。

BORGのカメラマウントはフォーサーズ用を使っていて、EC-14やEC-20などのフォーサーズのテレコンをBORGでも使うことが出来るんですが、BORGに2倍テレコンをつけての月の撮影は初めてかも。F11になるのでシャッタースピードが厳しくなりますが、これくらいの月なら、ISO400~ISO800で撮れますね。予想以上に解像してくれたのは嬉しい誤算でした。これだけ写るのなら、もっと早く試しておけば良かったですね。

2 observations on “1600mmの月 #1
  1. どこ。

    ひゃあぁぁぁ。これはすんごい。
    解像、十分ですね。
    次は、星雲を狙ってください~!
    って、そんなにカンタンには行かないのかしら。。。

     
    Reply
    1. Hiro Clover Hiro Clover

      どこ。さん、こんにちは。
      今回はEC-20をつけましたが、20枚もコンポジットすると画質はかなり改善しますね。
      星雲の撮影は興味ありますが、本格的な赤道儀が必要になりますし、綺麗な色を出すには、ニコンのD810AやキヤノンのEOS 60Daなど、特殊なカメラが必要になるかもしれませんね。(勉強不足でよく解ってないですが)
      野鳥撮影と同じように、天体撮影も拘りだすと沼がかなり深いです。(^_^;)

       

Leave Your Observation

メールアドレスが公開されることはありません。

↓